文字サイズ

ラグビー新リーグ22年1月開幕目指す 現トップリーグ勢ら25チーム申し込み

 日本ラグビー協会は1日、ラグビー新リーグについてオンライン会見を行い、6月26日に締め切った参入応募にトップリーグ(TL)全16チーム、トップチャレンジリーグ(下部)全8チーム、地域リーグの中国電力の25チームが申し込んだと発表した。

 新リーグは当初、2021年秋の開幕を目標にしていたが、新型コロナウイルスの影響を受け「開幕は2022年の1月を目指している」と出席した谷口真由美新リーグ法人準備室室長(45)が明かした。リーグは3部制(ディビジョン)を想定しており、各部の所属チーム数は今年末までに発表する。

 母体のない新規参入のチームも募集しており、そのチームには必要な要件などについて年内に説明会を行う。出席した谷口室長が「新規参入チームは、開幕2年目以降に参加できるように」と話した。

 谷口室長が「ファン目線で考えた時にミスマッチが起きないように拮抗した試合が組めるディビジョンを」と1、2、3部のチーム振り分けは、審査委員会による書面審査の他、来年1~5月開催予定となっているTLの成績も加味して決める。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス