文字サイズ

ハンドボールの宮崎大輔が右肩手術 「また新たにチャレンジ」復帰へ意欲

 ハンドボールの元日本代表で東京五輪での代表復帰を目指す宮崎大輔(日体大)が29日、右肩の手術をしたことをインスタグラムで明かした。

 「こんにちは、実は肩の手術を行いました。ハンドボールをはじめ30年の月日で肩は限界に近づいていましたが、ここでリセット!リハビリは大変になると思いますが、また新たにチャレンジです!!」と報告した。

 加えて「昭和大学藤が丘病院、チーム西中! 先生、スタッフ、看護師の皆さんありがとうございました!」と医療関係者と一緒に写した写真とともに感謝をつづった。

 宮崎は2003年に行われたアテネ五輪アジア予選で日本代表に選ばれると4度の五輪予選に出場した。09年にはスペインリーグ1部のCBアルコベンダスにテスト入団もした。19年3月に日本ハンドボールリーグの大崎電気を退団し、日体大に再入学した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス