文字サイズ

“鉄人”大野均が引退会見「やり残したことはない」ラグビー日本代表歴代最多98キャップ

 ラグビー日本代表歴代最多の98キャップを誇り、18日に引退を発表した“鉄人”大野均(42)=東芝=が22日、オンラインで引退会見を行った。

 好きな言葉は「灰になってもまだ燃える」。だが、「1年ほど前から膝の痛みが出て来て、昨年末まで長い間別メニューで調整してきしたが、回復が見られず、昨年のW杯での日本代表の躍進や、東芝ラグビー部でも若い選手の台頭を頼もしく感じ、これ以上やり残したことはないと思い引退を決意しました」と理由を明かした。

 印象に残る試合として挙げたのは13年6月15日のウェールズ戦(秩父宮)。「2004年に100点差(0-98)で負けて、9年後に秩父宮で勝てる試合ができるとは当時思ってもいなかった。先発で出て、ノーサイドはベンチで見届けたんですが、勝ちを手中に感じた時は涙でグラウンドが見えなかったのを覚えています」と振り返った。

 高校まで野球をやっていた大野は97年、大学入学してからラグビーを始めた。周囲より遅く競技を始めながらも、体を張るプレーで躍進。04年には日本代表に上り詰めた。W杯は3大会出場し、2015年イングランド大会では南アフリカから金星を挙げる「ブライトンの奇跡」に貢献した。

 「ラグビー人生を振り返って、これだけ多くの試合を素晴らしいスタッフ、選手と出場することができた。多くのみなさまに応援いただいたことは感謝しかありません」とファン、周囲への思いを口にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス