文字サイズ

競泳・瀬戸「一日でも早く施設を使えれば」各競技トップ4選手が文科相長官と意見交換

 競泳男子で東京五輪代表の瀬戸大也(ANA)ら各競技トップ選手4人が13日、オンラインで萩生田光一文部科学相、鈴木大地スポーツ庁長官との意見交換会を行い、新型コロナウイルス感染拡大の影響で使用停止となっている東京・味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)、国立スポーツ科学センター(JISS)の早期再開を要望した。

 プールでの本格的な練習ができていない瀬戸は「他の選手もプールを使えないことが1カ月以上続き、不安の声が上がっている。一日でも早く施設を使えれば」。卓球男子の水谷隼(木下グループ)も施設での練習再開を望み、バレーボール女子の荒木絵理香(トヨタ車体)は「日本は連係が重要。NTCで(チームで)練習したい」と訴えた。

 フェンシング男子エペの見延和靖(ネクサス)は競技ごとに施設利用時間を区切るなどを提案。要望を聞いた萩生田大臣は「知恵を出しあいながら、少しずつでも(以前に)戻れるように検討していきたい」とした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス