文字サイズ

女子マラソン・有森裕子さんら「足湯リラックス」PR 免疫力向上の狙いも

 女子マラソン五輪2大会連続メダリストの有森裕子さん(53)、ソフトボール女子元日本代表監督の宇津木妙子さん(67)、競泳女子五輪銀メダリストの田島寧子さん(38)、野球評論家の山崎武司さん(51)らが、YouTubeを通じて足湯リラックスを呼びかけている。

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、長期間自宅で過ごす時間が多くなっていることから、足湯で免疫力とリラクゼーション効果を高める狙いもある。洗面器と湯があればだれでもできる足湯。今回のプロジェクト「ASHIYU ACTION」の発案者、井上康治氏は「ステイホームということもあり、家での足湯でリラックスしてもらえれば」と期待を寄せる。

 27日にはバレーボール女子元日本代表の斎藤真由美さん(49)、ホッケー女子元五輪代表の藤尾香織さん(39)の動画もアップされた。湯がもたらす輪は、足元からじんわりと広がりを見せている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス