文字サイズ

キャシー・リードさん 弟クリスさん急逝で心境「無感覚がつぎからつぎに…」

 フィギュアスケートのアイスダンスで日本代表として3度の五輪出場を果たしたクリス・リードさんが15日に急逝したことを受け、姉のキャシー・リードさんが28日、きょうだい連名のブログを更新。「毎日、毎日何を言おうかと何をかこうかと思いつめて でもことばがみつかりませんでした…」と心境をつづった。

 キャシーさんは、弟クリスさんとのコンビで10年のバングーバー五輪に出場。11日には同ブログにふたりで日本にいくことを報告していたが、クリスさんは日本時間15日に心臓突然死で他界した。

 この日、キャシーさんは「クリスを思い…」のタイトルでブログを更新。「こんないたみを今まで感じたことはない…私の心はまだ信じられない」とショックの大きさを隠せず、「信じたくないというスペースにあってまいにち私の心はローラーコースターのように悲しみ ショック 迷い いかり むなしさ そして無感覚がつぎからつぎに来ます…」と、胸の内を記した。

 一方で、必死に前に進もうとする気持ちも振り絞り「でもクリスと私にはとっても とってもスペシャルなつながりがあったから それはけっしてなくなることはない だからこれから私がやることすべて 私のなかでクリスも一緒にやるの 私たちはキャシー&クリス」と記述。今後も連名の同ブログを更新していく考えを明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス