文字サイズ

朝乃山の師匠・高砂親方、しこ名は「当分…」 将来的には朝潮襲名の可能性も

 貴景勝を破り、懸賞金の束を受け取る朝乃山
2枚

 「大相撲春場所・千秋楽」(22日、エディオンアリーナ大阪)

 大相撲史上初の無観客場所で東関脇朝乃山(26)=高砂=が新大関昇進を決めた。大関貴景勝(千賀ノ浦)を押し倒して11勝目(4敗)。三役3場所で計32勝と昇進目安の同33勝には届かなかったが、本格四つ相撲のスケール感、4場所連続2桁勝利の安定感が高く評価された。昇進を預かる審判部が全取組終了後、臨時理事会の開催を八角理事長(元横綱北勝海)に要請し了承された。25日、夏場所(5月10日初日、両国国技館)番付編成会議と同理事会を経て富山出身では太刀山以来、111年ぶりの新大関が正式に誕生する。

 師匠の高砂親方(元大関朝潮)はしこ名に関し「当分、朝乃山でいかせるつもり」と大関になっても、朝乃山の続投を明言した。将来的には第5代朝潮の襲名の可能性もある。

 自身の師匠定年を20年12月に控え、近大後輩のまな弟子が同じ大阪で大関昇進を決めた。25日の伝達式は自身と同様、大阪の宿舎「久成寺」で使者を迎える。「縁を感じる。感無量」とかみしめた。自身は優勝になかなか届かず、大関どり挑戦も何度も失敗。「朝乃山はワンチャンスをものにした。大したものだ」と目を細めた。

 昇進にあたり、堂々たる相撲が高評価のポイントにもなった。「引いたりいなしたりせず、攻める相撲を心がけさせてきた」と師匠。入門以来、真っ向勝負の教育が結実した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス