文字サイズ

大迫、設楽、井上が静かに火花散らす 東京五輪代表切符残り1枚かけ東京マラソン  

 東京五輪の男子マラソン日本代表選考会を兼ねた東京マラソン(3月1日)に出場する有力選手が28日、都内で会見した。2時間5分50秒の日本記録を持つ大迫傑(28)=ナイキ、前日本記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ、18年ジャカルタ・アジア大会金メダリストの井上大仁(27)=MHPS=の“3強”も出席。残る1枚の代表切符をかけ、静かな火花を散らした。

 五輪をかけた駆け引きは始まっていた。司会者から目標タイムを聞かれた大迫、設楽、井上の回答は三者三様だった。答えを書き込むフリップに、大迫が『?』と記せば、設楽は自己ベストを1秒更新する『2時間6分10秒』、井上は日本記録を大幅に塗り替える『2時間4分30秒』と書き込んだ。

 最後のイスへの基準は2時間5分49秒。最終選考会となるびわ湖毎日(3月8日)を含めて、更新した最速の選手が代表に決まり、塗り替えるランナーが出なければ昨年のマラソングランドチャンピオンシップ3位の大迫が代表を手にする。

 優位な立場にある大迫は『?』の意図について、はきはきとした口調で「なるべくトップ争いに絡むような努力をしていくことを目標にがんばっていきたい、ということで」と説明。“自分超え”の可能性については「練習の感じからみて、気象条件やペースにもよるけど不可能ではない記録」と、日本記録をも予告した。

 井上は大迫を飛び越え、2時間4分台への突入を宣言。未知の領域へ足を踏み入れることにも「この辺を目標にやってきた。ガチガチに狙うわけではないが、一つの目安として世界と戦う基準として頭に入れておくべきタイム」と、涼しげな表情で世界を見据えた。

 いつものように淡々と目標設定をしたのは設楽だ。2時間6分10秒は、2年前の東京で日本記録を更新し、1億円のボーナスも手にした自己ベストの1秒更新を意味している。五輪には届かない設定だが「あまりタイムを意識しないで走るタイプ。最低でもこのタイムを超えられるように走りたい」と、静かな闘志を燃やした。

 当日の予報は曇りのち晴れで、スタート時(午前9時10分)の予想気温は7度の見込み。ペースメーカーは、2時間2~3分台を持つアフリカ勢の力を考慮して、現段階で1キロ2分55~56秒と2分58秒に分けることを想定しており、日本選手は2時間4分40秒から同5分30秒あたりをターゲットにしている。

 好条件に後押しされ、ほぼ平たんな高速コースで期待される日本記録。3強を中心としたスピードレースの先に、『東京有力』の切符が待ち受けている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス