文字サイズ

白鵬が連敗、妙義龍の突き落としを残せず 鶴竜も敗れ両横綱に黒星

妙義龍(左)の突き落としで土俵に手を着く白鵬=両国国技館(撮影・園田高夫)
3枚

 「大相撲初場所・3日目」(14日、両国国技館)

 横綱白鵬(宮城野)が妙義龍(境川)に敗れ、2日目から連敗となった。

 前日に遠藤に敗れた白鵬は前へ出ていったが、相手の突き落としを残せなかった。

 横綱鶴竜(井筒)も北勝富士(八角)に敗れ金星を配給し、2敗目を喫した。相手の圧力に引いてしまい、そのまま押し出された。

 初日に鶴竜、2日目に白鵬と両横綱に勝っている遠藤(追手風)は、この日は大関豪栄道(境川)を突き落として初日から3連勝。2横綱1大関の撃破となった。敗れた豪栄道はかど番の場所で初日から3連敗となった。

 新関脇の朝乃山(高砂)は隠岐の海(八角)を寄り切って、初日から3連勝とした。スケールの大きな正攻法の相撲を取る両者。朝乃山が組み勝って、着実に寄り切った。

 大関貴景勝(千賀ノ浦)は小結大栄翔(追手風)を押し出して2勝1敗とした。

 3連勝は照強、輝、正代、北勝富士、遠藤、朝乃山の6人。このうち役力士は関脇の朝乃山のみ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス