文字サイズ

照ノ富士がモンゴル後輩・豊昇龍を寄り倒し 無傷の3連勝

 「大相撲初場所3日目」(14日、両国国技館)

 元大関で10場所ぶりに十両復帰した照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=が元横綱朝青龍のおい、豊昇龍(20)=立浪=を寄り倒し、無傷3連勝とした。

 当たりを受け、左で抱えて上手をがっちり。相手が足を飛ばし、外掛け、内掛けと連続技も難なくしのぎ、最後は上手から体ごとたたきつけた。

 「まわしを取ったけど、内、外掛けがあるから気を付けて。ゆっくり(攻めて)と思った」と振り返った。

 部屋の合宿にも来た、親交のあるモンゴルの後輩に格の違いを見せた。「勝っても負けてもやることやるだけ。まだ12日間ある」と気を引き締めた。

 照ノ富士は大関を14場所務め、優勝も経験しながら両膝負傷に加え、糖尿病なども重なり、序二段まで降下。昨年春場所で5場所ぶりに土俵に戻った。先場所、復帰5場所目で幕下全勝優勝を果たし、元大関で初となる関取再昇進を果たした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス