文字サイズ

“冬の英雄”羽生結弦が夏の戦士にエール「思いっきり悔いのないパフォーマンスで」

 ビッグスポーツ各賞を受賞した(前列左から)山西利和、森ひかる、高木美帆、瀬戸大也、渋野日向子、張本智和、吉田沙保里(中列左から)野口啓代、楢崎智亜、岡本碧優、橋本大輝、中村輪夢、川井梨紗子、文田健一郎、(後列左から)横田葵子、竹中七海、鈴木歩佳、杉本早裕吏、松原梨恵、熨斗谷さくら=東京都港区のザ・プリンスパークタワー東京
3枚

 フィギュアスケート男子の五輪2連覇王者の羽生結弦(25)=ANA=が10日、都内で行われた「テレ朝ビッグスポーツ賞」にビデオメッセージで登場し、20年東京五輪を目指す選手たちにエールを送った。

 「今年は待ちに待った東京五輪です。チームニッポンの皆さん!思いっきり悔いのないパフォーマンスで、日本中に勇気と元気を与えてください」-。

 自身は3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)で3年ぶりの王座奪還を狙う。“前人未跳”のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)挑戦も視野にいれる“冬の英雄”は、今年の目標に「限界の5歩先へ!」と掲げ、「辛い事があったり、苦しい部分も増えてきました。それでも限界に挑んで、それを超えるだけじゃなくて、更にもっともっと先にいきたいと思っています」と、誓いを立てた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス