文字サイズ

テコンドー金原昇会長 薬丸裕英に怒りの謝罪要求「クズって言ったんだよ、あの人」

 強化方針を巡ってトップ選手と対立が続き、体制刷新が決まっている全日本テコンドー協会の理事会が10日、都内で行われ、日本卓球協会の木村興治名誉副会長(78)を新たな会長候補とする新体制の理事候補11人が承認された。テコンドー出身者はおらず、それぞれ各競技団体やスポーツ団体での理事を経験してきたメンバー。選任してきた境田委員長は「ドリームチームができた」と、胸を張り、すでに退任が決まっている金原昇会長も「素晴らしい方々」と納得した様子だった。26日に行われる正会員総会で、新体制が正式に発足する。

 検証委員会からガバナンスに問題がないことと、パワハラや反社会的勢力との繋がりはなかったと認定されたが、混乱の責任をとり、退任する金原会長は、一連の騒動の中での一部理事の「テコンドーの評判を貶める」行動について、この日の理事会で過半数の理事から不満が出たことを明かし、「水には流さない。理事会の写真や、音源テープを流したり、テレビに出て、私が反社だとか、牛耳っているとか裏付けのないことをいって、イメージを貶めた。誰がそんなことをしたのか。そこは検証委の調査結果に入れてもらうようにお願いする」と、話した。

 また、騒動中のテレビのコメンテーターの発言にも言及。「薬丸(裕英)さん、あの人、我々のことを『クズの集まり』って言ったんだよ。我々のことを。人格を傷つけた。これは言っちゃあいけない。呼んでよ、ここに」と憤りを露わにし、「テレビからでも、ごめんなさいと言ってくれればいい」と、“謝罪要求”した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス