文字サイズ

羽生結弦、チェンに感謝 “史上最高演技”なければ「強くなろうとも思わなかった」

フリー演技を終えて顔をしかめる羽生結弦(撮影・堀内翔)
3枚

 「フィギュアスケート・GPファイナル」(7日、トリノ)

 男子フリーが行われ、SP2位の羽生結弦(25)=ANA=は、フリー194・00点、合計291・43点で、2位となった。優勝はネーサン・チェン(米国)で、フリー224・92点、合計で335・30点と、どちらもチェンが持つ世界最高得点を更新し大会3連覇を達成した。また、羽生が持つ前基準の世界最高得点の330・43点すら上回る圧倒的な合計点だった。

 この日25歳の誕生日を迎えた羽生は大技のルッツを含め4種類5本の4回転ジャンプを着氷(トーループ、サルコー、ループ、ルッツ)させたが、最後ジャンプ要素の3回転半が決まらず得点を伸ばし切れなかった。

 羽生は中継を担当したテレビ朝日のインタビューでは、笑顔で冗談めかしながら自身が持っていた、「楽しむしかないですよね。こんな…自分の旧ジャッジのころの、旧採点まで抜かれてめちゃめちゃ悔しい。今に見とけと思って」と笑いながら、リベンジへの強い思いをにじませていた。会見では今大会で得た収穫を踏まえ、「もちろん全部自信につながるものになったし、いろんなことを考えるきっかけになった」とした上で「ネーサン選手が素晴らしい演技をしなければそういう風に学ぶこともなかったし、強くなろうとも思わなかったと思う。感謝してます」とライバルをたたえた。

 チェンは5本の4回転ジャンプを成功させるなど、完ぺきと言える演技を見せた。SPで羽生につけた12・95点差をさらに広げる43・87点差の圧勝劇だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス