文字サイズ

マラソン札幌移転 瀬古氏は服部勇馬の言葉に涙「ボイコットに比べたら、僕らは幸せ」

東京五輪のマラソン・競歩開催地変更について会見する(左から)瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダー、麻場一徳・強化委員長、河野匡・長距離マラソンディレクター=都内(撮影・出月俊成)
3枚

 日本陸上連盟の強化委員会は5日、都内で東京五輪のマラソン、競歩会場が札幌に移転したことを受けて会見した。10月中旬に国際オリンピック委員会(IOC)のトマス・バッハ会長が強権を発動し、札幌移転を決定。小池百合子都知事などが反発したが、1日に都も受け入れ、正式に決まった。

 札幌案が浮上してから、日本陸連が意見を表明するのはこれが初めて。強化委員会のメンバーから決定を非難する言葉がならんだ。東京五輪とほぼ同コースで行われた代表選考会のMGCシステムを導入することに尽力した瀬古利彦リーダーは「私の頭の中は、3年前から東京でやるとすり込まれてきた。札幌にいけと言われても切り替えられない。1964年に円谷幸吉さんが銅メダルをとって、もう1度東京でメダルと獲りたいという思いでやってきた」と、言葉を詰まらせながら話した。ここまで意見ができなかったのは「IOCの力の前ではどうにもならない。駄目だといえば、五輪からマラソンをなくすということになるという思いがあった」と、忸怩たる思いの中での葛藤を明かした。

 また瀬古リーダーは、先日、すでに五輪代表に決定している男子の服部勇馬(トヨタ自動車)と話をしたそうで「『瀬古さんの(モスクワ五輪の)ボイコットの時に比べたら、僕らは走れる。幸せです』と言われた。涙が出ました。できれば東京でやらせてあげたかった」と、明かした。

 瀬古リーダーは“アスリートファースト”を主張するIOCに対し「アスリートファーストなら、決められたことを急に変えちゃいけない。04年アテネ五輪は34、5度だったと聞いている。暑いところはいくらでもあった。本当のことを聞きたい。なんで変わっちゃったのか。僕らも真剣にやってきた。本当のことを聞きたい」と、泣きそうな表情で訴えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス