文字サイズ

設楽悠太、五輪より1億!日本記録超えで五輪切符獲得でも辞退示唆「大迫選手の方が」

再始動戦を終えた設楽悠太=熊谷スポーツ公園陸上競技場
2枚

 「東日本実業団駅伝」(3日、埼玉県庁~熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)

 男子マラソン前日本記録保持者の設楽悠太(27)=ホンダ=が、14位に終わったマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)以来の実戦に挑み、3区を区間2位で走破。「疲れはあっても、言い訳はない。自信を持ってスタートラインに立てたし、今の調子からすればベストを尽くせた」と、うなずいた。

 注目されるのは東京五輪代表の残り1枠を巡る争い。MGCの上位2人(中村匠吾、服部勇馬)は内定。残る1人はMGCファイナルチャレンジとして、今冬の福岡国際(12月)、東京マラソン、びわ湖毎日(ともに来年3月)で設定記録である日本記録超えの2時間5分49秒を切れた選手が決まる。切れなかった場合はMGCで3位だった大迫傑(ナイキ)となる。前日本記録保持者の設楽はファイナルチャレンジの有力候補だが、この日のレース後、東京マラソンへの挑戦を表明した。

 ただ、そこからが設楽らしかった。「出ます。ただ、五輪はどうでもいいというか、そっちよりも1億が欲しい。お金のために走る。MGCは賞金もなかったし、今、僕が生きているのは走れているから。走るためにはお金がいる」と、清々しく日本記録更新者に贈呈される1億円を狙うことを表明。日本記録を更新し、五輪切符を獲得した場合でも辞退する可能性も示唆した。「自分から出ますとは言えない。世間の皆さんはたぶん大迫選手の方が走ってほしいと思う。国際大会の実績もある。彼なら絶対にやってくれるし、彼に任せるなら納得できる。世間の人たちに決めてほしい」と、大迫に託す可能性を示唆した。

 独特の感性を持つ27歳は、マラソンという競技の現状に窮屈さを感じているようで「今は大人の作った大会を走ってもつまらない。これからは選手が動いて変えていく時代だと思う。僕も変えていきたいし、楽しみにしててほしい」と、表明。そのためにもまず東京で2度目の1億獲得を狙う。「大迫選手の記録との勝負。走る限りは狙っていく」と、誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス