文字サイズ

羽生「心から幸せだったとは言えないけど…」今季世界最高も満足せず

フリー演技に向けて抱負を語る羽生結弦=カナダ・ケロウナ(撮影・堀内翔)
3枚

 「フィギュアスケート・スケートカナダ」(25日、ケロウナ)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、ソチ、平昌五輪王者の羽生結弦(24)=ANA=は109・60点の今季世界最高点で首位発進した。田中刑事(24)=倉敷芸術科学大大学院=は80・11点で5位だった。

 完成度を求めた大会で、世界最高峰の演技を見せた。演技冒頭、3月の世界選手権、9月のオータムクラシックとミスが続いていた4回転サルコーを完璧に着氷。ジャッジ9人中5人が出来栄えで最高評価の「5」をつけた。

 さらに続くトリプルアクセルは9人中8人が「5」をつける驚異の出来栄え。羽生自身も「(自分の演技が)できたと思っています。特にサルコーとアクセルに関しては」とうなずいた。

 一方、三つ目の4回転-3回転の連続トーループはやや着氷が乱れ「ちょっと疲れるかな、後半にくるかなって思ったんですけど、案の定きてしまった」と苦笑いだった。

 「完璧に心から幸せだったとは言えないけど、今日できるベストは尽くしたかな」と羽生。「クリアじゃないジャンプをしてしまっているのは自分としてはすごい悔やまれる点なので、しっかり明日につなげていきたい」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス