文字サイズ

箱根予選会 麗澤大は2年連続の次点で涙 26秒及ばず初切符逃す

 「箱根駅伝予選会」(26日、陸上自衛隊立川駐屯地発、国営昭和記念公園着)

 来年1月2、3日、に行われる箱根駅伝に向けて、10大学に与えられる本戦の出場権をかけた予選会が行われた。

 麗澤大は11位で2年連続次点で涙。創部15年目で悲願の初出場を狙ったが、10位の中大に26秒及ばなかった。予選通過枠が11校だった昨年の予選会では次点の12位、1分50秒差で涙を飲んでいた。

 予選会は43校の代表(各チーム12人)がハーフマラソンを走り、上位10人の合計タイム上位10校が本戦の出場権を獲得。トップ通過は東京国際大で2位以下は神奈川大、日体大、明大、創価大、26年ぶりの筑波大、日大、国士舘大、早大、中大。山梨学院大は10位以内に入れず、本戦出場を逃した。

 本戦出場を決めているのは前回大会の上位10校(東海大、青学大、東洋大、駒沢大、帝京大、法大、国学院大、順大、拓殖大、中央学院大)。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス