文字サイズ

真凜交通事故で打撲「影響あります」 田中「結構な衝撃あった」

公式練習で氷の感触を確かめる本田真凜=カナダ・ケロウナ(撮影・堀内翔)
3枚

 「フィギュアスケート・スケートカナダ」(25日開幕、ケロウナ)

 前日練習が24日(日本時間25日深夜)に行われた。日本スケート連盟の小林芳子強化部長が取材に応じ、女子の本田真凜(18)=JAL=と男子の田中刑事(24)=倉敷芸術科学大大学院=が開催地のケロウナでタクシーに乗車中、交通事故に遭って脚などを負傷したことについて説明した。予定通り大会に出場する。

 小林強化部長によると、2人は当地入りした22日、非公式練習後にホテルへ戻る際、乗っていたタクシーが追突事故に遭った。後部座席中央に座っていた本田は右すねを打撲。額も軽く打ったという。後部座席の助手席側に座っていた田中は、体に違和感を訴えた。

 事故後、本田は救急車で病院へ向かい、レントゲンなどの検査も受けたが、競技に問題ないと診断を受けた。23日の非公式練習も予定されていた2回とも練習を行ったという。田中は「結構な衝撃はあった」と振り返ったが「いまはもうあまり気にせずに滑っています」と語った。事故当時は歩行にも痛みがあったという本田は、患部にテーピングを巻いて練習に参加。「影響はあります」と苦笑いを浮かべながらも「自分が出ると決めたら、しっかり最後までやりぬきたい。どうやって自分が強く気持ちをもてるかっていうのを試されているんだっていう気持ちで、がんばりたい」と前向きに語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス