文字サイズ

羽生「スケートカナダで勝ちたい」 GP初戦へSP完璧調整「安心できる材料になる」

フィギュアスケート・GPシリーズ・スケートカナダに向けて練習を開始した羽生結弦=カナダ・ケロウナ(撮影・堀内翔)
3枚

 「フィギュアスケート・スケートカナダ」(25日開幕、ケロウナ)

 前日練習が24日(日本時間25日深夜)から行われ、ソチ、平昌五輪王者の羽生結弦(24)=ANA=は午前の曲かけ練習で完璧な演技を披露し、好調ぶりをアピールした。

 午前中の練習では、曲かけでSP「秋によせて」を披露。冒頭の4回転サルコー、トリプルアクセル、4回転トーループ-3回転トーループと完璧に決めきると、終盤のステップでは本番さながらに感情を込めて滑りきった。また練習時間の終盤では、4回転ループを入念に調整。足を深く曲げたり、助走を短くしたりと工夫しながら感覚を確かめ、練習終了直前には美しいジャンプを着氷して練習を締めた。

 完璧な曲かけ練習について、羽生は「すごくリズムも気持ちよく跳べていましたし、すごく安心できる材料にはなると思うので、あとはこれをうまく利用して本番までいいタイミングで跳べるようにしたい」と笑顔。

 大会へ向けては「とにかくノーミスしたいなって気持ちが強くあります」としながらも、今季初戦だった9月のオータムクラシックと心情を比較し「オータムの時みたく、がむしゃらにひたすらノーミスがしたいって訳ではなくて、1つ1つのステップを踏みながら、最初のサルコーであったり、その後のスケーティングであったり、アクセルの入りであったりと、段階を踏んできれいなジャンプを跳べたらいいなっていう風に思った上でのノーミスを目指したいって気持ちです」と説明した。また「一番大事なのは、ルッツを入れるとかそういうのじゃなくて、ファイナルに行きたい。で、このスケートカナダで勝ちたいっていうのが強いです」と語った。

 滑走順抽選では、最終2組4番目の11番滑走に決定。男子SPは25日(日本時間26日午前)に行われる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス