文字サイズ

南アフリカ戦、最高49・1%W杯ラグビー、瞬間視聴率

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、20日夜にNHK総合で放送され、日本代表の敗退が決定した南アフリカ戦の瞬間最高視聴率は、関東地区で49・1%、関西地区で47・9%だったことが21日、ビデオリサーチの調査で分かった。

 いずれも試合の後半途中だった。

 平均視聴率は関東地区が41・6%、関西地区が41・4%で、今大会の中継番組としては一番高く、視聴者の関心の高さをうかがわせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス