文字サイズ

ナダルが15年間交際の女性と壮大な結婚式 17世紀の古城で厳重警備

 男子テニス・世界ランキング2位のラファエル・ナダルが19日にスペイン・マジョルカで行う結婚式について、スペインのスポーツ紙アスなど複数メディアが報道した。関係者、有名人およそ350人が参加し、パパラッチ対策として徹底した警備体制を敷くという。

 報道によると、ナダルと幼なじみでこれまで15年間交際してきたチスカ・ペレジョさんはマジョルカにある17世紀に造られた古城を結婚式の地に選んだ。城は海に突き出たところにあり、およそ1100平方メートルある敷地内へは水辺から侵入ができない構造で、唯一のアクセスはわずかにつながっている陸地の通用口のみとなっている。

 さらに上空をドローンや航空機が飛ばない対策を取るという。また、式の映像・画像が外部に漏れないように参加者に携帯電話を持ち込まないよう理解を求めるほか、式に従事する業者に対しては従業員がメディアへ何らかの形で情報提供しないよう合意を求めるサインを求めたとされる。

 式には元世界ランキング1位で現在、ナダルのコーチを務めるカルロス・モヤやフェリシアノ・ロペス、フェルナンド・ベルダスコ、フアン・カルロス前国王、NBAのポートランド・トレイルブレイザーズのパウ・ナダルらが参加予定となっている。

 なお、施設の使用料は一日2万5000ユーロ(約297万円)で、新郎新婦は式前夜を含め3日を過ごすことになっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス