文字サイズ

MGC一夜明け 男子圧巻Vの中村 五輪でも末脚勝負に自信「メダル届く」

 東京五輪の男女マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」で上位2位までに入り、東京五輪代表に内定した男子の中村匠吾(27)=富士通=、服部勇馬(25)=トヨタ自動車=、女子の前田穂南(23)=天満屋=、鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が熱戦から一夜明けた16日、都内で会見した。

 圧巻のラストスパートで下馬評を覆し、男子を制した中村は、この日が27歳の誕生日。「いい形で誕生日を迎えられた。ようやく五輪のスタートラインに立てた」と笑顔。「ここから1年は重圧の中で五輪に向けて準備することになる。代表としての自覚を持って努力していきたい」と、決意を語った。

 本番では強力な海外勢との争いになる。自国開催の利点も生かしながら、男子では28年ぶりのメダルを狙う。MGCでは残り2・195キロを6分18秒という驚異的な“末脚”をさく裂させた。「本番でもあれぐらいで上がれれば、十分に勝負ができる。前半が速いペースになった時に対応できるようにしたい。銅メダルは届く可能性はある」と、見据えた。

 今回は大迫、設楽ら“4強”の影に隠れた存在から、頂点へ駆け上がった。「ノビノビ挑戦者の気持ちで走れたことも1つの要因だったと思う」としつつ「プレッシャーには強い方だと思う」と、日の丸を背負っても走りはぶれない自信がある。暑さへの対応にも自信をみせる27歳。1年後、TOKYOの舞台で再び快走を披露する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス