文字サイズ

高橋大輔の振付参加のミーシャ・ジー「歴史上最高峰のスケーティングアーティスト」

 フィギュアスケート男子のバンクーバー五輪銅メダリストで、昨季4年ぶりに復帰した高橋大輔(33)=関大KFSC=が14日、自身の公式サイトで、今季のプログラムを発表した。ショートプログラム(SP)は、The Fall Out Boy作曲の「The Phoenix(フェニックス)」。フリーは昨季の「ペール・グリーン・ゴースト」を引き続き滑る。

 振り付けはビヨンセなどの振り付けを行ってきた世界的ダンサーのシェリル・ムラカミ氏が担当。また、元選手のミーシャ・ジー(ウズベキスタン)もプロジェクトに参加した。

 ミーシャ・ジーは高橋のマネジメント事務所を通じて、コメントを発表。「今回のプログラム作りに伴い、ダイスケ、シェリル、ユウコと共に仕事をさせて頂いたのはとても光栄でした。このチームにとって、今回の振付は間違いなく刺激的かつ、感慨深さ、挑戦しがいのある経験だったと思います。振付の準備段階から進めていくにあたり、チームでスタイルや方向性などの打ち合わせを重ね、芸術面に関しては細部までこだわり、またそれと同時にダイスケ自身の魅力や技術を最大限に引き出すことはもちろん、氷上での真新しさとユニークさを合わさったものを生み出せるよう心がけていきました。歴史上、最高峰のスケーティングアーティストの一人と芸術作品を生み出すには、大いなる成果と共に大いなる挑戦が不可欠。ダイスケ、シェリル、ユウコ、そして私を含め、1人1人が120パーセントの持ちうる力を出し切っていき、今回、ダイスケも困難はあったようですが、また情熱と楽しさを見出せたと感じました。これからプログラムがどんどん洗練されていくよう我々も引き続き見守っていきたいと思います。ファンの皆様にはこれからも変わらず彼を支えて頂きますよう宜しくお願い致します」と、エールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス