文字サイズ

小池“本業”2位に「ギリギリ合格点」

 「陸上・日本選手権」(30日、博多の森陸上競技場)

 世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)代表選考会を兼ねて行われ、男子200メートル決勝はサニブラウン・ハキーム(20)=米フロリダ大=が20秒35(向かい風1・3メートル)で2年ぶりの優勝。100メートルとの2冠も2年ぶりに達成した。100メートルで3位の小池祐貴(24)=住友電工=は20秒48で2位だった。

 直線で必死にサニブラウンを追った小池は「負けちゃったな。向こうの方が余力があった」と悔しがった。世界選手権の参加標準(20秒40)も狙ったが、雨と向かい風の悪コンディションに阻まれた形。それでも「(大会を通じて)コンディションが悪くても本数を走っても、まとめたレースができたのは自信になった」と言う。

 「シーズン2戦目の200メートルとしては、ギリギリ合格点」と手応えも残り、「トライ・アンド・エラーを繰り返し、一つ一つ(経験を)生かしていきたい」と前向きな姿勢は変わらない。100メートルはすでに参加標準を切っているため「世界選手権は100、200どちらも出たい。(200メートルの参加標準記録を狙って)今からレースを組みます」と、今後の試合で記録を突破して出場を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス