文字サイズ

右脚負傷の柔道・志々目愛 世界選手権の出場に意欲「出たい気持ちが強い」

 柔道女子52キロ級元世界女王で5月の国際大会で右脚を負傷した志々目愛(25)=了徳寺大職=が27日、千葉県市川市で取材に応じ、代表に選出されている世界選手権(8月25日開幕、日本武道館)に向けて「出たい気持ちが強い。間に合わせるように治療している」と改めて出場への強い意欲を示した。

 けがの詳細を語ることは避けたが、練習再開の見込みは立っておらず、8月上旬の代表合宿をめどに復帰を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス