文字サイズ

ラグビーW杯100日前 田中史朗インタビュー(3)「自分の中での人生最後のW杯」

 9月20日に開幕するラグビーW杯まであと100日となった12日にあわせて、SH田中史朗(34)=キヤノン=がインタビューに応じた。全3回の最終回(3)。

 -BKでは最年長。トンプソンが入るまではチーム最年長だった。

 「あんまり変わりはしないですね。少し不安がでたくらいですね。争いというか、自分の能力への不安ですね。足も遅いですし、フィットネスもないですし、経験だけではラグビーはできないので必死になって高めているところですね」

 -どこを上げている?

 「すべてです。(宮崎合宿前の)休みの時期にフィットネスを上げてきたので、今は走れている状態だと思います。あとはスピード、パスの精度、キックの精度を上げていきたいと思います」

 -15年はスーパーラグビー(SR)のハイランダーズでプレーしてからW杯に入った。

 「リザーブが多かったんですけどチームをコントールする意味ではすごいいい経験になりましたし、もっともっと自分を高めないといけないなというのは思いました」

 -SRのチームは、例えばニュージーランドだとSRからそのままW杯に行く。そういう意味では今回、サンウルブズ(SW)でもっと日本代表を見たかったという声もあるが。

 「そこはジェイミーの考えなので。その分(日本代表候補で編成し練習試合を行った)ウルフパックでしっかり固まってできましたし。欲を言えばもっと厳しい相手とやりたかったというのはありましたけど。SWはSWで海人(茂野)であったりヤンブー(山下)あったり山中であったり、若くしていい経験できた選手がいるので日本ラグビーにとっていいことじゃないかと思います」

 -ハイランダーズ時代にヘッドコーチ(HC)だったジェイミー・ジョセフHCとW杯を目指せることはどんな気持ちか。

 「ジェイミーとブラウニー(トニー・ブラウンアシスタントコーチ)、二人と一緒にできるのは光栄なことですし、そのためには僕が(W杯代表の)31人に選ばれてW杯に出る権利を得なければいけないので、そのために今は必死でがんばっている。本当に彼らと一緒にW杯でラグビーをしたいなと思います」

 -ハイランダーズ時代はW杯にこの3人で出るとは思ったか。

 「全く思っていなかったですね。でも途中から、日本ラグビーにジェイミーとかブラウニーが興味を持っているということなので、もしかしたらってなっていたんですけど、僕が31歳の時だったかな。15年のW杯で終わると思っていたのでそんなに意識していなかったですね。日本のラグビーが彼らが入って変わればいいなというのはずっと思っていました」

 -ブラウニーとは三洋電機時代に選手として一緒にやったが、一緒にやりたいという気持ちは高まっていましたか?

 「ずっと高まっていました。彼がいなかったら僕もここまでこられなかったですし、彼と一緒だから日本ラグビーを変えようと思いも持てましたし、本当に彼と一緒にラグビーができて幸せです」

 -一番そう思えるときはどんなとき。

 「彼の戦術とか取り組み方ですよね。本当に今まで出会ったコーチの中で知識は高いですし、その中で選手へのアプローチもうまいですし。深いしアプローチもできる。プレーヤーとしてもすごかったですけど、コーチとしてあらためて彼のすごさが分かりましたし、勉強になりますね」

 -3度目のW杯、特別感みたいなところは

 「僕も一生できるわけではないですし、能力もそんなに上がってくる感じでもないので、僕の中では最後になるのかなと感じているので。でも経験があるので不安は全然ないし楽しみの方が強くなってきましたし、自分の中での人生最後のW杯をどれだけ楽しんで、結果を残せるかなっていうところが重要になってくると思います」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス