文字サイズ

バレー女子 ブラジルに完敗…第4セット中盤から失速

会見に出席した岩坂名奈(左)と古賀紗理那
1枚拡大

 「バレーボール女子・ネーションズリーグ、日本1-3ブラジル」(11日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 1次リーグの東京大会が開幕し、世界ランキング6位の日本は、同4位のブラジルに3-1で敗れ、5勝5敗とした。

 セットカウント0-2で迎えた第3セット。古賀紗理那(23)=NEC=が相手コートの隙間を狙ったスパイクを決め、25-20で奪った。だが、日本の勢いは第4セットの中盤で止まった。19-19から3連続失点し完全に失速。得点を決めきれず、逆にブラジルの力強いスパイクに押し負けた。チーム最多26得点の古賀は「ちょっとしたパスずれがあった。反省して修正する」と次を見据えた。

 同大会は1次リーグで16チームが総当たり戦を行い、7月に行われる決勝大会には、開催国の中国と、中国を除いた上位5チームが進出する。東京大会は3日間行われ、日本は12日に同1位のセルビアと対戦する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス