文字サイズ

MGC出場選手発表 男子31人、女子12人 瀬古リーダー「神のみぞ知る」

 日本陸上連盟は3日、都内で陸上マラソンの東京五輪代表選考会となるマラソン・グランド・チャンピオンシップ(MGC、9月15日)の出場選手を発表した。男子は日本記録保持者の大迫傑(ナイキ)、前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)ら31人、女子はリオ五輪代表の福士加代子(ワコール)、鈴木亜由子(日本郵政グループ)ら12人が名を連ねた。

 同大会では、男女上位2人が代表に決定。3位の選手も、その後、19年度シーズンの国内大会でMGCファイナルチャレンジの派遣設定記録(男子は2時間5分49秒、女子は2時間22分22秒以下)突破選手がでなかった場合は代表入りとなる。

 過去代表選考で様々な問題がマラソンにおいて、画期的となる“ガチンコ勝負”。瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「いよいよMGCが始まる実感が沸いてきた。ドキドキワクワクで、今、手に汗をかいてます」と興奮気味に話し、「展開は読めません。色んなタイプの選手がいる。こればっかりは分からない。とにかく言えるのは、誰が勝つか分からないということ」と、笑った。

 出場選手は次の通り。

 男子=村沢明伸(日清食品)、大迫傑(ナイキ)、上門大祐(大塚製薬)、竹ノ内佳樹(NTT西日本)、園田隼(黒崎播磨)、設楽悠太(ホンダ)、井上大仁(MHPS)、木滑良(MHPS)、宮脇千博(トヨタ自動車)、山本憲二(マツダ)、佐藤悠基(日清食品)、中村匠吾(富士通)、岡本直巳(中国電力)、谷川智浩(コニカミノルタ)、大塚祥平(九電工)、中本健太郎(安川電機)、藤本拓(トヨタ自動車)、服部勇馬(トヨタ自動車)、福田穣(西鉄)、橋本崚(GMOアスリーツ)、岩田勇治(MHPS)、堀尾謙介(トヨタ自動車)、今井正人(トヨタ自動車)、藤川拓也(中国電力)、神野大地(セルソース)、山本浩之(コニカミノルタ)、河合代二(トーエネック)、高久龍(ヤクルト)、荻野皓平(富士通)、一色恭志(GMOアスリーツ)、鈴木健吾(富士通)

 女子=前田穂南(天満屋)、松田瑞生(ダイハツ)、安藤友香(ワコール)、関根花観(日本郵政)、岩出玲亜(アンダーアーマー)、野上恵子(十八銀行)、鈴木亜由子(日本郵政)、小原怜(天満屋)、福士加代子(ワコール)、上原美幸(第一生命)、前田彩里(ダイハツ)、一山麻緒(ワコール)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス