文字サイズ

クライミング複合JC 楢崎智亜が2連覇 世界選手権での五輪内定に向け「自信に」

 「スポーツクライミング・複合ジャパンカップ」(26日、石鎚クライミングパークSAIJO)

 男子決勝が行われ、楢崎智亜(22)=TEAM au=がスピードで6秒291の日本新記録をマークし1位になると、ボルダリングを3位、リードを2位にまとめ、昨年の第1回大会に続いて連覇を達成した。2位は18年ボルダリング世界王者の原田海(20)=日新火災=が2位。3位には藤井快(26)=TEAM au=が入った。18年ユース五輪金メダリストの土肥圭太(18)=鹿児島県連盟=が4位となり、世界選手権(8月・八王子)代表入りを決めた。

 世界に向けて、男子のエースが上々のデモンストレーションを見せた。圧巻だったのは、最初の種目のスピード。「スピードでタイムを狙うのがモチベーションだった」と、藤井との決勝で6秒291の日本新記録をマークし、トップに。ボルダリングでも難度の高い第3課題をクリアするなど貫録を見せ、王座を守り切った。

 各選手が来年の東京五輪に向けて、各種目で力を伸ばしてきているが、それをはね除けた。「全体的にレベルは上がってきているけど、その中で勝てたのはうれしい。日本のコンバインド(複合)は強いと思っているので、自信になる」と、胸を張った。

 8月の世界選手権で7位以上の日本人最上位選手になれば、五輪代表に決まる。「優勝すればいいと思っている」と、高らかに宣言した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス