文字サイズ

大坂なおみ落胆…準々決勝を棄権「朝起きたら親指に痛み」ラケット握れず

 「テニス・イタリア国際」(17日、ローマ)

 女子シングルスで第1シードの大坂なおみ(21)=日清食品=が右手親指付け根の痛みのため、世界ランキング4位のキキ・ベルテンス(オランダ)との準々決勝を棄権した。16日には1日で2試合を戦い、2回戦、3回戦ともに6-3、6-3で快勝。第1シードで臨む26日開幕の全仏オープン(パリ)へ手応えをつかんだ矢先のアクシデントとなった。男子シングルス準々決勝で第6シードの錦織圭(29)=日清食品=は世界24位のディエゴ・シュウォーツマン(アルゼンチン)に4-6、2-6で敗れ、4強入りを逃した。

 大坂が準々決勝を棄権後に試合会場で記者会見し「朝起きたら親指に痛みが出て、ラケットを握れなかった。初めてのこと。プレーしたかったので悲しさ半分、落胆半分」と語った。右の手のひらの親指付け根付近と説明し、医師の診断を受けるという。

 ただ時折冗談を交えて笑顔も見せ、四大大会3連勝を目指す全仏オープンに向けては「プレッシャーを感じずにできたらいい」と前向きだった。

 大坂は20日に発表される世界ランクで1位を守り、四大大会のシングルスで男女を通じて日本勢初の第1シードとなることが確定している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス