文字サイズ

貴景勝が連勝 立ち合いの不利も何の!強じんな精神力で琴奨菊を撃破

 琴奨菊(右)を突き出しで下し、連勝スタートの貴景勝
1枚拡大

 「大相撲夏場所・2日目」(13日、両国国技館)

 新大関貴景勝(22)=千賀ノ浦=が平幕琴奨菊を突き出して初日から2連勝とした。立ち合いの当たりで手が滑って流れる不利も何のその、馬力ある元大関を怒とうの攻めで一蹴。サムライ大関の強じんな精神力が光った。今場所、付け人を務める埼玉栄高の後輩で昭和の大横綱・大鵬(故人)の孫、幕下納谷(19)=大嶽=にも“武士道”を伝授する。助言を受け、大関魂を注入された納谷はこの日、白星発進した。

 不測の事態にも貴景勝は心を乱さない。踏み込んで当たった手がツルリと滑った。「滑って流れた。そういうこともある。自分の思い通りにいかなくても攻め直して形を作る」。取組後に振り返った通りの、怒とうの攻めだった。

 琴奨菊の圧力を受け止め、強烈ないなしで崩す。トドメの突きで元大関を仕留めた。初日同様、この日も気合が入りすぎたか、取組前に鼻血がタラリ。「よくあること。土俵に上がればいつも通り」。落ち着き払って新大関が初日から2連勝とした。

 22歳にして精神面の強さに磨きがかかる。八角理事長(元横綱北勝海)も「(昇進を決めた)先場所の千秋楽は今以上に緊張しているだろうからその経験。優勝も経験している。伸び盛り。伸びしろがあるし勢いも感じる。突き押しに自信を持ってる」と成長力にうなった。

 今場所、埼玉栄高の3歳後輩、幕下納谷が付け人に付いた。大横綱大鵬の孫で、次代の角界を背負う金の卵に間近で“貴景勝魂”を伝える。「持ってるものはすごい。自分と違い、体に恵まれている。きっかけさえあれば彼はすぐに上に上がる。僕も先輩の背中を見て過ごした。今度は自分ができれば」。育てるのも大関の責務だ。

 「しゃべるタイプじゃない。背中で」と言いながら、前日は「突きを外された時が負ける。しっかり当てて」と助言を送った。言葉通り、この日、会心の押し相撲で納谷は白星をつかんだ。

 令和初の場所。新時代の角界看板が期待通りに大暴れだ。「またあした相手に集中していく。それが15日間の意味合い。勝った負けたは抜きにして、余計な雑念を捨てて無心でいった方がいい」。06年夏場所、白鵬以来の新大関優勝へ、一気加速モードだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス