文字サイズ

みまひな 銀メダル“疑惑の判定”に早田「サービスエースをほぼ取ってた」

 「卓球・世界選手権」(28日、ブダペスト)

 女子ダブルス決勝で、前回17年大会銅メダルの伊藤美誠(18)=スターツ=、早田ひな(18)=日本生命=組が、孫穎莎、王曼ユ組(中国)に2-4で逆転負けし、銀メダルとなった。日本人同士のペアとして52年ぶりの金メダル獲得はならなかった。

 同世代の中国最強ペアの底力に屈したが、“疑惑の判定”も逆風となった。伊藤と早田は2ゲーム連取した後、2-2と追いつかれ、迎えた勝負所の第5ゲーム。一進一退の攻防で9-9と競り合った場面で、早田のサービスが孫穎莎のレシーブミスを誘い、サービスエースが決まったかと思いきや、審判が「ネット」とジャッジし得点が無効となった。

 2人は「(ネットに)触れてない」と抗議したが覆らず。会場からはブーイングがわき起こった。日本は再び抗議したが受け入れられず、タイムアウトを取って気持ちを切り替えて臨んだが、10-12と競り落とした。第6ゲームも嫌な流れをかき消すことができず力尽きた。

 早田は疑惑のシーンについて「9-9でサービスエースを取ったかなと思って、ほぼ取ってたんじゃないかと思ったんですけど、審判が『ネット』って言って」と悔しさをにじませ、「気持ちを切り替えてタイムを取って入ったんですけど、相手も思いきって戦術を変えてきたり、うまくて。そこからの対応はうまくいかなかった」と唇をかんだ。

 日本代表の関係者は「ミスジャッジはよくあることなんですけど、あんな大事な場面で起きるとは。いい試合だっただけに残念ですね」と悔しがった。

 ただ、相手の実力に屈したのも事実だ。伊藤は「惜しい試合だったが、最後は相手が完全に上回ってきた。(自分たちに)伸びしろもあるんですけど、勝ち切れないというところは(残念)。今ここで勝たないとダメだなと痛感しました」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス