文字サイズ

柔道女子頂上決戦の場外で…古賀稔彦VS吉田秀彦が応援合戦 決着後は「お互いに一礼」

 朝比奈沙羅(右)を果敢に攻める2連覇を果たした素根輝
1枚拡大

 「柔道・全日本女子選手権」(21日、横浜文化体育館)

 世界選手権(8月開幕、日本武道館)の女子78キロ超級代表選考会を兼ねて行われ、前年覇者の素根輝(18)=環太平洋大=が決勝で世界女王の朝比奈沙羅(22)=パーク24=を下し、塚田真希(02~10年で9連覇)以来の連覇を達成。これで対朝比奈は5連勝。大会後に行われた強化委員会で、悲願の世界選手権代表に選出された。78キロ超級には2枠が使われ、国際大会で結果を残す朝比奈も代表入りした。

 素根対朝比奈の決勝戦、場外では環太平洋大で素根を指導するバルセロナ五輪男子71キロ級金メダリスト古賀稔彦総監督(51)、朝比奈の所属先であるパーク24の同五輪78キロ級金メダリスト吉田秀彦総監督(49)という“レジェンド柔道家”による応援合戦も繰り広げられた。

 バルセロナ五輪では、直前の練習で吉田が古賀に左ひざの大けがを負わせてしまうアクシデント。それでも吉田はショックを乗り越えて金メダルを獲得し、古賀も全治1年の怪我を抱えながらも奇跡の金メダルを獲得したという伝説的なエピソードを残す2人だが、東京五輪の1枠を争うそれぞれの選手の指導者として、対峙することになった。

 少し離れた距離で、声を張り上げ、それぞれの選手を応援。軍配が上がった古賀総監督は「そりゃ負けられないと思った。(吉田総監督が)“いけ!いけ!”ってなっていたから、余計に冷静になって、ピンポイントなアドバイスが送れた」としてやったり。「終わった後はお互いに一礼しました」と、笑った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス