文字サイズ

柔道18歳・村尾三四郎、五輪代表争い“下克上”狙う「勢い止めない」

GSデュッセルドルフ大会に出発した村尾三四郎=成田空港
1枚拡大

 柔道男子90キロ級で18年世界ジュニア選手権2位の村尾三四郎(18)=神奈川・桐蔭学園高=が20日、国際大会のグランドスラム(GS)デュッセルドルフ大会(22~24日)に出場するため、成田空港からドイツに出発した。今夏の世界選手権(日本武道館)代表選考にも影響する戦いに向けて「今回結果を出さないと意味がないので、勝ちにこだわりたい」と力を込めた。

 男子90キロ級は現在、東京五輪に向けた代表争いで突出した存在がおらず混とんとしているが、18歳の新星が“下克上”を狙う。

 村尾は昨年11月のGS大阪で負傷欠場選手の“代打”で出場のチャンスをつかむと、世界選手権メダリストを含む海外の強豪相手に豪快な大外刈り、内股で投げる圧巻の柔道を披露。主要国際大会のデビュー戦でいきなり3位に入り、「初のシニアの舞台で結果を出せたのは自信になった」と手応えをつかんだ。

 リオ五輪王者のベイカー茉秋(日本中央競馬会)、18年世界選手権銅メダルの長沢憲大(パーク24)、18年GS大阪優勝の向翔一郎(ALSOK)の三つどもえに“参戦”する形となったが、ここから勝ち続ければ逆転の可能性もある。「自分が一番若いし、勢いに乗っているのは自分かなと思う。ここで一気に勢いを止めずに勝てれば」と臆することなく語った。

 村尾について、日本男子の井上康生監督(40)は「2020年(東京五輪代表争い)にチャンスがあるからこそ、ここに選ばれている。とことんまで(代表を)狙って欲しい」と期待しつつ、「まだ高校3年生だし、何事をも恐れず、まずは今持っている力を全て出し切って欲しい」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス