文字サイズ

“ポスト野獣”芳田司、松本薫さんは「超えたい存在」強烈キャラにも対抗心

GSデュッセルドルフ大会へ出発した芳田司=成田空港
1枚拡大

 柔道女子57キロ級世界女王の芳田司(23)=コマツ=が18日、今年初戦のグランドスラム・デュッセルドルフ大会(22~24日、ドイツ)への出発前に成田空港で取材に応じた。

 12年ロンドン五輪同階級金メダルの松本薫さん(31)が今月引退を発表したことを受け、「少し残念というか、もう1回試合させてもらいたかったなという気持ちはあります」と正直な思いを口にし、「松本選手を目標としてやってこれたというのが自分の中ではまだまだあるので。(今でも)超えたい存在でもあります」と語った。

 リオ五輪以降、内股を武器に着実に力をつけている芳田だが、松本さんは天然キャラや闘志あふれるファイトスタイルの“野獣”として国民に親しまれただけに、同じ階級の後継者にとっては高い壁になる。「私はそんなに気迫や感情が表に出ないタイプなので、私のカラーは何だろうなっていつも考えているんですけど(笑)。でも、それは自然に出てくることなのかなと思うので、自分はしっかり勝つことに集中して、余計なことはあまり考えないようにしたい」。まずは畳の上でアピールする。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス