文字サイズ

大坂なおみ、日本初のローレウス賞を受賞「家族に感謝したい」

 世界のスポーツ界で活躍した個人、団体に贈られる「ローレウス・スポーツ賞」が18日に発表され、テニスの女子シングルスで四大大会2連勝を成し遂げてアジア勢初の世界ランキング1位となった大坂なおみ(21)=日清食品=が、躍進した選手が対象の「ブレークスルー賞」に輝いた。日本選手がローレウス賞に選ばれるのは初。

 大坂は主催者を通じ「これまで一緒にいてくれた私のコーチングスタッフ、家族に感謝したい」などとコメントした。故障などを乗り越えた選手に贈られる「カムバック賞」の候補だったフィギュアスケート男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は選ばれなかった。ゴルフの男子で昨季、ツアーで5季ぶりの復活優勝を果たしたタイガー・ウッズ(米国)が受賞した。

 大賞は男子ではテニスの四大大会15度制覇のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、女子では昨年の世界体操選手権で4冠のシモーン・バイルス(米国)が選ばれた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス