文字サイズ

池江「白血病に必ず勝つ」という姿勢「1時間もせず前向きな話が出てきた」

池江璃花子
3枚

 競泳女子の池江璃花子(18)が白血病であることを公表したことを受け、日本水泳連盟は12日、都内で緊急記者会見を開いた。

 会見には日本水泳連盟・青木剛会長、池江が4月から入学予定だった日大の監督でもある上野広治副会長、所属先のルネサンス・吉田正昭社長、直前のオーストラリア合宿に帯同していたルネサンス・三木二郎コーチが出席した。

 三木コーチは直近の池江の様子について、「(現地の練習で)二週目の後半からしんどい姿を見せていた。肩で呼吸をしていた」とし、その様子から、現地の病院にいくことを決断した。

 血液検査の結果、異常が判明し、すぐに帰国。白血病と診断されたという。池江は帰国後、すぐに入院したが「病気に立ち向かって、くよくよせず『また元気な姿で結果を出したい』」と語っていることも明かした。二人三脚でトレーニングを積んできた三木コーチは「白血病に必ず勝つんだという姿勢を見せている。それに対してサポートしていきたい」と語った。

 上野副会長も「病名については衝撃的」「まさか池江が…。思いもよらない診断名」としたが、「昨日も今日も、全く通常と大きく変わらず、普段通り、接している。本当に我々大人が頭が下がる」とした。

 続けて、「来年のオリンピックは頭が回らない状況だったが、1時間もせずに前向きな話も出てきた。この会見も彼女なりの前向きな決断だと思ってくれたら」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス