文字サイズ

稀勢の里「一片の悔いも…」にラオウ名セリフ重ねる人続々 化粧まわしも着用の過去

 大相撲の横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=が16日、都内で引退会見を開き、「私の…土俵人生において、一片の悔いもございません」と涙をにじませ、思いを語った。この「一片の悔いもない」という言葉は、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載されていた大人気漫画「北斗の拳」(原作・武論尊、作画・原哲夫)のキャラクター・ラオウの名セリフ「我が生涯に一片の悔いなし」をファンに彷彿させたようで、ネットでもすぐに話題となった。

 稀勢の里は実際に「ラオウ」の化粧まわしをつけたこともあった。17年の夏場所前に「北斗の拳」に登場する北斗3兄弟の化粧まわしが贈呈され、長兄・ラオウを稀勢の里が、次兄・トキを松鳳山、末弟で主人公のケンシロウを太刀持ちの高安が着用した。稀勢の里は当時、この化粧まわしを贈呈した社のHPで「自分の性格的にはラオウ。孤独で強い。先代の鳴戸親方からも『孤独にならないと強くなれない』と言われていました」と、ラオウの生き方と自分を重ねるコメントをつづっていた。

 そんな稀勢の里が、引退会見で「一片の悔いもございません」とコメントしたことにネットはすぐさま反応。「ラオウのセリフかよ」「巨星墜つ!ラオウと同じ言葉で」「さすがラオウ」「ラオウできたか」「ラオウ稀勢の里」と、稀勢の里とラオウの言葉を重ねるコメントが続々と上がっていた。

 「我が生涯に一片の悔いなし」のセリフは、弟のケンシロウに屈したラオウが、絶命寸前に仁王立ちで発する最後の言葉。北斗の拳ファンの間ではあまりにも有名なものになっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス