文字サイズ

稀勢の里が引退会見「土俵人生において、一片の悔いもございません」

引退会見で涙を流す稀勢の里=両国国技館(撮影・中田匡峻)
引退会見で涙を流す稀勢の里=両国国技館(撮影・中田匡峻)
2枚2枚

 大相撲の横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=が16日、都内で引退会見を開いた。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)とともに入場し、「私、稀勢の里は今場所をもちまして引退をし、年寄・荒磯として後進の指導にあたりたいと思います。現役中は大変お世話になりました。ありがとうございました」と挨拶した。会見中は何度もあふれ出る涙をぬぐった。

 引退を決断しての心境を「横綱として、皆様の期待にそえないというのは、非常に悔いが残りますが、私の…土俵人生において、一片の悔いもございません」と絞り出した。

 横綱審議委員会からの「激励」の決議を受け、再起をかけた今場所は「覚悟を持って…場所前から過ごして、場所前から稽古してきました。自分の中で、『これでダメなら』という気持ちがあるくらい、いい稽古をしました。その結果、初日から3連敗という形で。自分の中では一片の悔いもありません」と振り返った。状態についても「ケガをして以来、自分の中では、一番いい動きができていたので、自信を持って臨みました」と語った。

 17年に負った左大胸筋などのけがについての質問を受けると、言葉を詰まらせ涙があふれた。会見中には、何度も目元をぬぐった。稽古をつけてもらったモンゴル出身の朝青龍ら各力士についての質問には「自分を成長させてもらったのも横綱朝青龍関をはじめ、モンゴルの横綱のおかげだと思っているところもありますし。あの人の稽古ですね。巡業中、見て、背中を追っかけて、少しでも強くなりたいという気持ちで稽古しました」と振り返った。

 稀勢の里は02年春場所で初土俵を踏んだ。17年初場所後に横綱に昇進。横綱の在位は12場所だった。同日に行われた理事会で引退と年寄「荒磯」の襲名が承認された。今後は後進の指導にあたる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス