文字サイズ

稀勢の里“友情パワー”で復活へ “同期”琴奨菊&豊ノ島と熱血勝負で初心に戻った

 稽古後、取材に応じる稀勢の里
1枚拡大

 「大相撲初場所」(13日初日、両国国技館)

 右膝負傷で先場所を途中休場し初場所に進退が懸かる横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=が6日、都内の部屋で出稽古に来た同じ02年入門の幕内琴奨菊(34)=佐渡ケ嶽、十両豊ノ島(35)=時津風=と申し合いを行った。非公開の稽古では2人と計15番程度の熱血勝負を繰り広げ、復活へ友情パワーを注入した。

 入門は稀勢の里が1場所遅いだけ。ほぼ“同期生”の3人は新十両昇進も同じ04年だった。「十両に上がって、巡業では毎日(稽古を)やった」。出世を張り合い、番付を駆け上がってきた。

 琴奨菊が「あの頃を思い出して3人でやろうよ」と計画。豊ノ島から話を持ちかけられた稀勢の里が「ぜひやろう」と快諾して“同期会”は実現した。

 「昔を思い出しながら。相撲的にも力を抜かずに最後まで必死に来てくれたから、一番いい稽古になった。(3人とも)昔以上に必死だったかも。楽しかった。久しぶりにそう思った」。初心に戻って、状態を見極める重要な場となる7日の横綱審議委員会稽古総見に臨む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス