文字サイズ

高橋大輔、世界選手権は辞退 羽生、宇野、田中が代表 女子は坂本、紀平、宮原

世界選手権に出場する選手たちは写真に納まる=東和薬品ラクタブドーム(撮影・北村雅宏)
ファンと一緒に写真に納まる入賞者=東和薬品ラクタブドーム(撮影・北村雅宏)
2枚2枚

 「フィギュアスケート・全日本選手権」(24日、東和薬品ラクタブドーム)

 来年3月に行われる世界選手権(埼玉)の日本代表が発表され、男子に全日本選手権で優勝した宇野昌磨(トヨタ自動車)と、3位の田中刑事(倉敷芸術科学大)が選ばれ、右足首の負傷で全日本選手権を欠場した羽生結弦(ANA)がこれまでの実績から選出された。2位の高橋大輔(関大KFSC)は辞退した。

 高橋は「すごく迷ったところではある」と吐露するととともに、「行きたい気持ちはやまやまな部分はあるけど、世界と戦う覚悟を持ちきれなかったというところも大きな理由」と辞退の理由を説明した。今季復帰の決断から時間が十分でなかったことも挙げ、「世界選手権は頭の中になかった」とも。「日本のスケートを盛り上げるためには、若い選手が経験する必要性の方が大きいと感じたので、辞退させていただきました」と語った。

 女子は全日本で優勝した坂本花織(シスメックス)と、2位でGPファイナル優勝の紀平梨花(関大KFSC)、3位の宮原知子(関大)に決まった。ペアは須崎海羽/木原龍一(ともに木下グループ)、アイスダンスは小松原美里(倉敷FSC)/ティム・コレト(米国)。

 補欠は男子が友野一希(同大)、山本草太(中大)、島田高志郎(木下グループ)。女子が三原舞依(シスメックス)、樋口新葉(開智日本橋学園高校)、山下真瑚(中京大中京高)。

 世界選手権の代表入りには、全日本選手権に出場することが原則として求められるが、日本スケート連盟が公表している選考基準には「過去に世界選手権大会3位以内に入賞した実績のある選手が、けが等のやむを得ない理由で全日本選手権へ参加できなかった場合」は、そのけがの状態や過去の実績から選出される可能性があると明記されている。

 高橋は世界選手権のメンバーが発表される前、大会後の会見で宇野と田中に対して「今度は全力で2人を応援して、これからもどんどん駆け上がってもらいたい」とエールを送っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス