文字サイズ

多田、東京五輪へ「活躍できる選手に」 住友電工・陸上部新加入選手会見

 住友電工に新加入する(左から)小池祐貴、多田修平、永田駿斗
1枚拡大

 住友電工陸上部が6日、大阪市内で新加入の短距離選手の会見を開き、来春入社する17年世界選手権男子400メートルリレー銅メダリストの多田修平(関学大)は「2020年(東京五輪)を見据え、世界で活躍できる選手になりたい」と笑顔で抱負を語った。

 100メートルの自己ベストが10秒07。今夏のジャカルタ・アジア大会も男子400メートルリレーのメンバーとして20年ぶりの金メダル獲得に貢献した。今後は練習拠点を関東に移す意向も示した。

 ANAから移籍し、12月1日付で入社したジャカルタ・アジア大会男子200メートル覇者の小池祐貴と、今年の日本学生対校選手権の男子100メートルを制し、来春入社する永田駿斗(慶大)も出席した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス