文字サイズ

本田望結 悔しい12位に「本気でスケートをやりたい」女優業と二刀流も…

 フリーを演技する本田望結=アクシオン福岡
 フリーを演技する本田望結=アクシオン福岡
 フリーを演技する本田望結=アクシオン福岡
3枚3枚

 「フィギュアスケート・全日本ジュニア選手権」(25日、アクシオン福岡)

 男女フリーが行われ、女子は全国大会では初の姉妹対決となった女優でスケーターの本田望結(14)=大阪・関大中=とノービスから推薦出場の本田紗来(11)=京都醍醐ク=が登場。SP9位の望結はフリーでミスが出て93・88点、合計147・17点総合12位。紗来はSP23位から立て直し、フリー95・16点、合計139・61点で総合17位だった。横井ゆは菜(中京大中京高)が合計181・84点で初優勝した。

 上位進出で12月の全日本選手権(大阪)を目指した望結だったが、中盤の3回転フリップで転倒するなどジャンプにミスが出た。紗来との姉妹対決が話題となる中「姉らしい演技ができず残念」と悔しさを隠さず、「今季は(シニアの)全日本に出られるように頑張ってきた。まだまだ頑張りたい気持ち」と必死に前を向いた。

 女優業とスケートの二刀流を貫いているが、特に今季はスケートに比重を置いた生活を送ってきた。「去年は全日本ジュニアに出られて、フリーで滑れただけで満足だった。今年は悔しさとともに気持ちが大きく変化している」と言う。

 身長が1年で8センチ伸び、筋肉がついてアスリートらしい肉体になると同時に心も強くなっている。「本当に悔しいけど、100%悔しいだけじゃない。この気持ちが何かわからないけど、とても楽しかったし、今日も頑張った。スケートを本気でやりたいという気持ちです」と、アスリート魂に火が付いたようだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス