文字サイズ

三原舞依が3位発進 最終滑走も大きなミスなくガッツポーズ

 華麗な演技を見せる三原舞依=広島グリーンアリーナ(撮影・持木克友)
1枚拡大

 「フィギュアスケート・NHK杯」(9日、広島県立総合体育館)

 女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(20)=関大=が今季世界3位の76・08点をマークし、2位につけた。三原舞依(19)=シスメックス=は70・38点で3位。GPデビュー戦の紀平梨花(16)=関大KFSC=はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で回転不足となって転倒し、69・59点で5位。エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が76・17点でトップに立った。

 三原が最終滑走の重圧を乗り越え3位発進した。ルッツ-トーループの連続3回転で回転不足の判定を受けたが、大きなミスなく演じ切りガッツポーズ。同門の平昌五輪代表、坂本花織はGP2戦を2位、3位の好成績で終えており「あとは舞依ちゃんだね」とエールを送られたという。「しっかりついていけるように」と拳を握った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス