文字サイズ

宮原知子“美美っと”SP2位発進!「ミス・パーフェクト」追求で首位と0・09差

 ミスのない演技を見せる宮原知子(撮影・持木克友)
1枚拡大

 「フィギュアスケート・NHK杯」(9日、広島県立総合体育館)

 女子ショートプログラム(SP)で宮原知子(20)=関大=が今季世界3位の76・08点をマークし、2位につけた。三原舞依(19)=シスメックス=は70・38点で3位。GPデビュー戦の紀平梨花(16)=関大KFSC=はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で回転不足となって転倒し、69・59点で5位。エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が76・17点でトップに立った。男子SPは宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=が92・49点で首位発進。山本草太(18)=中京大=は74・98点で6位、佐藤洸彬(22)=南部美人=は67・38点で10位だった。

 トリプルアクセルを豪快に決めてきたトゥクタミシェワ。そこに“ミス・パーフェクト”が今季自己ベストの0・09点差で食らいついた。難度を下げても攻める姿勢は変わらない。基礎点が1・1倍となる最後のジャンプをフリップからループに変えた理由を、宮原は「エッジエラーや回転不足の心配がない。基礎点は下がるけど、細かい減点を取られないように」と明かした。

 優勝したGPシリーズ初戦のスケートアメリカでは、最後のフリップが不明瞭なエッジだと指摘された。3回転のフリップとループの基礎点の差は0・40。今回はループを選んで1・33の出来栄え点を得た。その繊細な戦略は、プログラム全体の完成度も高める。演技構成点は全体トップで、5項目のうち3項目は最高レベルの9点台をマークした。

 今大会のSPでは「ムービースター」をイメージしたという白い衣装を新調。「自分を見せるということを意識している」と言うとおり、氷に吸い付くようなステップやスピンに観客は息をのんだ。

 記者会見で外国メディアの質問に、流ちょうな英語で「自分としてベストを尽くすことに集中したい」と語った宮原。日本女子のエースとして明確に高みを見据えている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス