文字サイズ

ロンドン金“野獣”松本薫、東京五輪絶望で引退示唆「勝負師としては次のステップ」

講道館杯の初戦で敗退し、引退を示唆した松本薫
1枚拡大

 「柔道・講道館杯全日本体重別選手権」(4日、千葉ポートアリーナ)

 19年世界選手権代表第1次選考会を兼ねて行われ、女子57キロ級ではロンドン五輪金メダリストの松本薫(31)=ベネシード=が1回戦で高野綺海(東京学芸大)に一本負けした。東京五輪への道が絶望的となり、現役引退を示唆した。

 両者1つずつ技ありを取った状態で延長戦に入ると、試合時間9分を過ぎたところで松本は小外刈りを食らい、合わせ技一本で敗れた。試合後は笑みを浮かべながら、「今まで(負けたときに)あった悔しい気持ちはあまりない。今まで切り詰めてきた勝負師(としての自分)とは一歩かけ離れた、次のステップにいると思う」と率直な心境を明かした。

 初戦で敗れたことで今後の東京五輪の道が絶たれた。今後については「選択肢は3つある。2人目(の子供)をつくること、現役を続行すること、引退して次の道に行くこと」と説明。所属とも話し合って決めると言い、引退を選ぶ可能性については「フィフティ、フィフティ」と話した。

 松本はロンドン五輪で金メダルを獲得し、闘志あふれる姿から“野獣”と称された。銅メダルを獲得したリオ五輪後に結婚し、昨夏に第1子を出産。その直後から東京五輪を目指して練習を再開していた。

 育児をしながら五輪を目指すロールモデルになるとともに、選手としても若手の壁になることに意欲を燃やしていた。「出産して、講道館杯に出ることは1つの目標だった。結婚して子供を産んでも柔道ができる1つの道を残したかった」と達成感をにじませ、「若手も練習から私に負けたくないという自覚と責任を持ってくれた」と未練はない様子だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス