文字サイズ

東芝、ラグビーから撤退検討 合理化徹底で方針転換

 リーチ・マイケル(右から2人目)らラグビートップリーグの東芝フィフティーン=10月、ヤマハスタジアム
1枚拡大

 東芝が、ラグビーのチーム運営から撤退する検討に入ったことが1日、分かった。昨年12月に運営継続を表明したが、合理化徹底のため方針を転換した。バスケットボールに続き、運営費の負担が大きいラグビーも他社に運営権を譲る方向で調整する。野球も見直し対象となる可能性がある。複数の東芝関係者が明らかにした。

 東芝のラグビー部はトップリーグで5度の優勝を誇る名門。2019年にワールドカップ(W杯)日本大会を控えるほか、東芝の社長、会長を歴任した岡村正名誉顧問が日本ラグビー協会の会長を務めており、撤退時期は20年以降とみられる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス