文字サイズ

輪島さん葬儀 北の富士氏「華があった横綱だった」

葬儀に参列する元・北の富士=青山葬儀所
葬儀に参列する八角理事長=東京・青山葬儀所
2枚2枚

 大相撲の元横綱輪島で、咽頭がんなどの影響による衰弱のため8日に70歳で死去した輪島大士=本名・輪島博=さんの葬儀・告別式が15日、東京都港区の青山葬儀所で営まれ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)、元横綱で解説者の北の富士勝昭氏ら約300人が参列した。

 北の富士氏は「一番取りにくい力士でした。相手十分になる。向こうが強かった。左下手より右のおっつけが効いて。そっちに気を取られると左でぼーんと」と、その強さは今も体が覚えている。

 「豪快で明るかった」と豪放な性格も強く印象。酒席もともにし「意外と酒は弱い。俺の方が強かったな」と笑った。

 昭和の名横綱がまた一人去った。「14回優勝でしょ。ライバルの相手が北の湖。その中で14回優勝するのは相当なもの。華があった。華があった横綱だった。いろいろあったけど話題の多い力士だった」と別れを惜しんだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス