文字サイズ

大坂なおみ ストレートで準決勝進出

第1セット、ボールに懸命に飛びつく大坂なおみ=アリーナ立川立飛(撮影・棚橋慶太)
試合前にストリコバ(左)と記念撮影に納まる大坂なおみ=アリーナ立川立飛(撮影・棚橋慶太)
 シングルス準々決勝で、ポイントを奪いガッツポーズする大坂なおみ=アリーナ立川立飛
3枚3枚

 「女子テニス・東レ・パンパシフィック・オープン」(21日、アリーナ立川立飛)

 女子シングルス準々決勝が行われ、第3シードの大坂なおみ(20)=日清食品=は、世界ランク25位のバルボラ・ストリコバ(32)=チェコ=と対戦し、6-3、6-4で勝利した。

 第1セットは第4ゲームをブレーク。第7ゲームでブレークを許したが、直後の第8ゲームでブレークをし返した。

 第2セットは両者譲らぬ展開。相手のミスもあり第5ゲームをブレークすると、そのままストレートで4強入りを決めた。準決勝は22日に行われ、世界ランク37位のカミラ・ジョルジ(イタリア)と元世界1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)の勝者と対戦する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス