文字サイズ

男子ボルダリングに新星! 19歳原田海、号泣初優勝

 男子ボルダリングの決勝が行われ、初優勝を飾り喜ぶ原田海(共同)
1枚拡大

 「スポーツクライミング・世界選手権」(15日、インスブルック)

 男子ボルダリングの決勝が行われ、19歳の原田海(神奈川大)が初優勝を飾った。前回16年大会の楢崎智亜(22)=TEAM au=に続いて2大会連続で日本勢が同種目を制した。渡部桂太(25)=住友電装=が4位、藤井快(25)=TEAM au=が5位。リード、スピード、ボルダリングを終え、20年東京五輪でも実施される3種目の複合で原田が1位、楢崎智が2位、藤井が4位となり、上位6選手による16日の決勝に進出した。

 優勝が決まるとうずくまって泣いた。日本が厚い選手層を誇るボルダリングで、19歳の新王者が誕生した。「自分のムーブ(動き)を信じて、思い切ってやった結果」。原田が圧巻の全4完登で、世界の頂をつかんだ。

 日本代表の安井ヘッドコーチは「心も体も全てがぴたっと合って、イメージ通りの動きができたと思う。神懸かっている感じだった」と絶賛。優勝を決めた最終課題も1度目のトライで成功し、全身で歓声を浴びた。

 大阪府岸和田市出身で、小学5年でクライミングを始めた。近所にあったジムは最新式の設備ではなく「つるつるのホールドばかりで登っていた」と懐かしむ。素朴な環境で自然と磨かれた保持力が、飛躍を支えた。

 W杯は昨年4月の5位が自己最高。2連覇を逃したエース楢崎智に代わり、大舞台で一気に表彰台の真ん中に立った原田は「実感が湧いていない。ふわふわしていて」と夢心地で金メダルを見詰めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス